構造最適設計CAEソフトウェア OPTISHAPE-TS の
機能や使い方について紹介しているブログです.

OPTISHAPE-TSの製品に関する情報はこちら

2012年06月22日

YouTube,facebookなどのご案内

YouTubeに株式会社くいんとのチャンネルを設けました.
OPTISHAPE-TS に関連する様々な動画を随時掲載したいと思います.

YouTube:株式会社 くいんと

120622_quint_youtube

これに合わせて,弊社本家WEBサイトの解析ギャラリーを Flash から YouTube に変更しました.これにより,Flashを利用できないパソコンやタブレット端末でも動画をご覧いただくことが可能となりました.

株式会社 くいんと : 解析ギャラリー

120622_quint_garally

facebookにも株式会社くいんとのページを設けました.WEBページや本ブログの更新情報,YouTubeへの動画投稿,各種イベントのご紹介などといった情報を発信していきたいと思いますので,こちらも合わせてご愛顧いただければと思います.

facebook : 株式会社くいんと -夢のあるCAEを日本から

120622_facebook

以上,諸々のご紹介でした.

現在,OPTISHAPE-TS開発チームでは,バージョン2012r1のリリースに向けて準備を進めています.(そのためブログの更新が若干停滞気味ですが….)今回のリビジョンアップでは,断面機能を強化致しました.次回の記事では,その紹介をしていきたいと思います.

また,今まではOPTISHAPE-TSのViewerを主とした周辺ツールの機能紹介がメインでしたが,少しずつノンパラメトリック形状最適化,位相最適化,レベルセット法による形状最適化などの機能や,解析ギャラリーの動画の紹介,解析業務に少し役立つ情報などといった記事を増やしていきたいと考えています.

役立つ記事を掲載していきたと思いますので,今後ともブログをよろしくお願いします.

posted by 株式会社くいんと at 13:48| お知らせ | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

ファイルサイズの大きいBDFファイルを開くときの注意

昨日1000万要素のBDFファイルを読み込んでみましたという記事を書きましたが,このような大きいファイルを読み込むときには,1点だけ注意点があります.

120615 ts_viewer

ファイル読み込みは一部並列化をしています※1.その関係で,BDF読み込みの際には,利用できるメモリの使用量を指定しなければなりません.メモリーが足りない際には,下のようなエラーダイアログが出てきます.

120615 dlg2

●メモリ使用量の設定方法
「ファイル」「初期設定」から初期設定ダイアログを開きます.
BDF読み込みタブから,メモリ使用量と並列スレッド数を指定します.

120615 dlg1

並列スレッド数が1のとき,メモリ使用量は無視されます※2.並列スレッド数が2以上のときは,指定されたメモリ使用量を使って,BDFファイルを解釈しています.並列スレッド数が多いほど,多くのメモリがひつようになります.

基本的にはデフォルトのメモリー使用量で大丈夫かと思いますが,もしもエラーが出てしまったときにはお試しください.

※1 この並列化にSEライセンスは必要ありません.
※2 バージョン2012時点ではドキュメントへの記載が不足していました.
2012r1以降,ドキュメントに反映させていただきます.

posted by 株式会社くいんと at 13:38| OPTISHAPE-TS Viewer | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

大きなモデルの解析と結果描画

約1000万要素のモデルを OPTISHAPE-TS 2012 で解析,描画してみました.

120614 ts_viewer

節点数 1300万,要素数950万.残念ながら1000万要素より若干少ないですね.
テスト用なので見た目はご容赦下さい.

TS Viewer による解析結果の描画では,メモリ約15GBほど使っています.モデルのNastran BDF ファイルの容量が約2GB,結果のNastran OP2 ファイルの容量が約6.6GBほどありますので,さすがに必要なメモリ使用量も10GBを超えてしまいますね.

これだけの解析規模になると,現状での最適化解析は時間的に難しいかもしれませんが,計算機の性能向上を考えると,あと5年もすればこのくらいの規模が当たり前になっているかもしれませんね.

posted by 株式会社くいんと at 14:41| OPTISHAPE-TS Viewer | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

等値面のSTLファイル出力

位相最適化の等値面表示の結果は,STLフォーマットにて出力することができます.今回は,STLファイルに関する簡単な説明と,OPTISHAPE-TS Viewer から 等値面のSTLフォーマットにて出力手順について説明したいと思います.

120612_9


続きを読む
posted by 株式会社くいんと at 14:29| OPTISHAPE-TS Viewer | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

TSグラフはドラッグ&ドロップでもファイルを開けます

今日は小ネタを1つ.といってもタイトル通りですが,TSグラフはドラッグ&ドロップでもログファイルを開くことができます.

120608

一応,手順を説明.

1.TSグラフを起動します.
2.「ファイル名.log」という名前のファイルをグラフ描画部分にドラッグ&ドロップ

以上です.

他にも,OPTISHAPE-TS Viewer や TSナビゲータ の解析実行などもドラッグ&ドロップに対応しています.

慣れると意外と便利なので,是非使ってみてください.

posted by 株式会社くいんと at 13:21| 周辺ツール | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。