構造最適設計CAEソフトウェア OPTISHAPE-TS の
機能や使い方について紹介しているブログです.

OPTISHAPE-TSの製品に関する情報はこちら

2012年11月29日

OPTISHAPE-TS Surface Generator (開発中) の機能説明

前回からの続きです.今回は,OPTISHAPE-TS Surface Generator(開発版)が OPTISHAPE-TS から出力されたSTLファイルをCADに戻すための基本的な手順や,その中での機能について,紹介をしていきたいと思います.

121122_1

上の図は,OPTISHAPE-TS Surface Generator がSTLをIGESに直す際の簡単な手順を図にしたものです.各項目について,詳しく見ていきましょう.

※Surface Generator は OPTISHAPE-TS のオプションとして販売する予定です.現在は開発段階のため,ここで紹介する機能などに関しては,製品化時点で変更される可能性があります.ソフトウェアの詳しい販売時期,価格,評価貸出等に関しては株式会社くいんと営業部までお問い合わせください

続きを読む
posted by 株式会社くいんと at 11:01| OPTISHAPE-TS Viewer | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

OPTISHAPE-TS 2013 で予定されている新機能紹介

引き続きくいんと交流会2013での弊社発表の内容について,ご紹介していきたいと思います.前回までバージョン2012r1での新機能紹介を説明していきましたが,今回はバージョン2013の説明です.バージョン2012r1がまだリリースされていない状況ではありますが,今回はバージョン2013の説明です.

ちなみに,OPTISHAPE-TS 2013 は2013年2月頃リリースの予定です.主に TS_Viewer 絡みの機能追加がメインとなる予定で,詳細は以下の通りです.

  • TSパラメータウィザード機能を TS_Viewer に統合
  • 断面形状のCAD出力機能
  • STLファイルの表示機能

121119_1

続きで,詳細を紹介していきたいと思います.

続きを読む
posted by 株式会社くいんと at 15:47| OPTISHAPE-TS Viewer | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

OPTISHAPE-TS 2012r1 新機能紹介 (TS_Viewer編)

今日は,OPTISHAPE-TS 2012r1のTS_Viewer部分の更新点について,まとめて説明したいと思います.以前の記事にアップロードした内容と,重複する部分も多いですが,ご了承下さい.

バージョン2012r1の断面描画 (1)

バージョン2012r1の断面描画 (2)

バージョン2012r1 些細な機能追加

TS_Viewerの改良点をまとめると,以下のようになります.

●2012r1 での TS_Viewer の改良点

  • 断面機能を刷新しました.
  • 視点ファイルのインポート,エクスポート機能を追加しました.
  • 変形状態,断面カット状態でのSTLファイル出力に対応しました.
  • フォルダを開くボタンの追加 (細かな改良)
  • 解析結果の削除 (細かな改良)
  • その他,バグ対応・安定性の向上を行いました.
続きを読む
posted by 株式会社くいんと at 14:34| OPTISHAPE-TS Viewer | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

OPTISHAPE-TS 2012r1 新機能紹介 (ソルバー編 2/2)

OPTISHAPE-TS 2012r1 新機能紹介 (ソルバー編 1/2)では,Lanczos法による固有値解析ソルバーの信頼性向上について,ご紹介しました.

今回は,OP2 ファイル出力情報の抑制機能について,ご紹介していきたいと思います.

続きを読む
posted by 株式会社くいんと at 18:51| ソルバー | 更新情報をチェックする

OPTISHAPE-TS 2012r1 新機能紹介 (ソルバー編 1/2)

大変お待たせ致しました.TS_Viewerの断面機能の刷新などを7月に紹介しておりましたが,いよいよ今月中に OPTISHAPE-TS 2012r1 がリリースされます.

本日は,その中からソルバー部分の変更点をお伝えしたいと思います.

※2012年11月28日に開催されたくいんと交流会2012での発表と同様の内容です.

ソルバー側の変更点は,大きく以下の2つになります.

  • Lanczos 法による固有値解析ソルバーの信頼性向上
  • OP2 ファイル出力情報の抑制機能
    • 全要素の応力・歪エネルギーの出力を抑制
    • 指定プロパティIDを持つ要素の変位・応力・歪エネルギー・感度・位相密度の出力を抑制

この記事では,上記のうち「Lanczos 法による固有値解析ソルバーの信頼性向上」についてご紹介したいと思います.

続きを読む
posted by 株式会社くいんと at 17:35| ソルバー | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。