構造最適設計CAEソフトウェア OPTISHAPE-TS の
機能や使い方について紹介しているブログです.

OPTISHAPE-TSの製品に関する情報はこちら

2013年05月28日

骨々しい台座はどのようにして設計されたか(位相最適化 その3)

前々回の記事
前回の記事

記事の投稿間隔が空いてしまいました.申し訳ありません.

長くなってしまったので記事を分割しました.この記事では,片持ち梁の位相最適化の続きについて触れていきます.

前回は,片持ち梁の公式から最大たわみ(最大変位)を最小化するために,断面二次モーメントが最大となるような断面形状を考えました.

130425_katamochi2

130425_katamochi1

だけど,この断面で変位が小さくなるの?といったところで一旦話が終了していました.

結論から言うと,この断面形状は軟らかいです.
では何故なのかということを,これから検討していきます.

続きを読む
posted by 株式会社くいんと at 20:20| くいんと交流会2012 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。