構造最適設計CAEソフトウェア OPTISHAPE-TS の
機能や使い方について紹介しているブログです.

OPTISHAPE-TSの製品に関する情報はこちら

2012年11月13日

OPTISHAPE-TS 2012r1 新機能紹介 (ソルバー編 1/2)

大変お待たせ致しました.TS_Viewerの断面機能の刷新などを7月に紹介しておりましたが,いよいよ今月中に OPTISHAPE-TS 2012r1 がリリースされます.

本日は,その中からソルバー部分の変更点をお伝えしたいと思います.

※2012年11月28日に開催されたくいんと交流会2012での発表と同様の内容です.

ソルバー側の変更点は,大きく以下の2つになります.

  • Lanczos 法による固有値解析ソルバーの信頼性向上
  • OP2 ファイル出力情報の抑制機能
    • 全要素の応力・歪エネルギーの出力を抑制
    • 指定プロパティIDを持つ要素の変位・応力・歪エネルギー・感度・位相密度の出力を抑制

この記事では,上記のうち「Lanczos 法による固有値解析ソルバーの信頼性向上」についてご紹介したいと思います.

続きを読む
posted by 株式会社くいんと at 17:35| ソルバー | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

くいんと交流会2012 無事に終了いたしました.

久方ぶりの更新となります,技術開発部の島田です.気が付けば前回の更新から3ヶ月も経過してしまいました.大変申し訳ありません.

11月9日(金)に今年度の くいんと交流会2012 を開催致しました.今年もお蔭様で大盛況のうちに交流会を終えることが出来ました.ご参加いただきました皆様,誠にありがとうございました.

今年度の交流会では,名古屋大学の畔上秀幸先生による基調講演に始まり,株式会社アシックスの野々川舞様,日産自動車株式会社の林達郎様,株式会社ブリヂストンの阿部明彦様によるOPTISHAPE-TSのユーザー事例紹介と,非常に濃い最適化の話題を皆様に提供することが出来たかと思います.特にユーザー事例紹介では,非線形性を含む複雑な問題を,単純な静解析の問題に落とし込み,OPTISHAPE-TSを適用して成果を上げた事例が多く紹介されていました.

また,弊社からは,OPTISHAPE-TSをはじめとする弊社製品の新機能紹介や,事例紹介などをさせて頂きました.この発表の内容については,今日から複数日に分けて,めぼしい項目をピックアップしてご紹介したいと思います.

概要に関しては以下の通り.

  • OPTISHAPE-TS 2012r1 新機能紹介
  • OPTISHAPE-TS 2013 で予定されている新機能紹介
  • 丸紅情報システムズ様ご協力による,小型FDM造型機土台の最適化事例
  • OPTISHAPE-TS Surface Generator の紹介

続きで,各項目の詳細を紹介していきます.

続きを読む
posted by 株式会社くいんと at 12:05| お知らせ | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

重み係数0.0の目的関数

最適化の目的関数には,それぞれ重み係数というものがあります.これは多数個の目的関数を設定したときに,それぞれの関数の重みを指定することで,ある関数により着目したりするときに使用します.

通常はすべての目的関数が1.0で,等しくすべての目的関数を下げるように最適化を働かせますが,この重み係数の値を0.0にすることで,体積,質量,応力など,任意の値の参考値だけをログに出力とするというテクニックがあります.

そのテクニックについて紹介したいと思います.

120803 param2

続きを読む
posted by 株式会社くいんと at 13:39| 最適化パラメータ | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

結果ファイルの出力(パラメータファイルでの設定方法)

OPTISHAPE-TSではデフォルトで最適化過程のBDFファイルとOP2ファイルを出力するので,結果ファイルの出力を意識していない方は多いかもしれません.

しかし,結果ファイルは「全部のステップで出力すると容量が多い」,「最終形状だけの出力だと不安」,「OP2だけあればいいんだけどな」など,細かく制御したい状況が多くあります.

そこで,今回はOPTISHAPE-TSの結果ファイルの出力制御について,説明したいと思います.

120801 log

続きを読む
posted by 株式会社くいんと at 14:15| 最適化パラメータ | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

ソルバーの並列化

最近ではデスクトップPCでも2コア,4コアといったマルチコアが標準的となり,多いものでは6コアのCPUを積んだデスクトップPCも,普通に購入できるようになってきました.

OPTISHAPE-TSでは,並列処理により計算速度を向上させることが可能です.数年前は計算専用サーバーなど限られた環境でしか効果を発揮しませんでしたが,今では多くの環境でマルチコアの恩恵を受けられます.

今回は OPTISHAPE-TS の解析で並列処理をする方法について,説明していきたいと思います.

※並列処理の実行には,別途大規模オプションが必要となります.予めご了承下さい.

続きを読む
posted by 株式会社くいんと at 16:01| ソルバー | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。